寺山 修司

  • 百年たったら 帰っておいで 百年たてば その意味がわかる

寺山 修司 (1935~1983)青森県生まれ

寺山修司文学碑

寺山修司・橋本児童公園

寺山修司は高校時代から俳句や詩に早熟な才能を発揮し、早稲田大学入 学後には「チェーホフ祭」50首で短歌研究新人賞を受賞しました。その後、評論やエッセーイ、演劇、映画などに独創的な活動を展開し、特に演劇では演劇実 験室・天井桟敷を主催、前衛的手法により演劇の新しい地平を開拓して、国際的にも高い評価を得ました。

北上には1971(昭和46)年11月、寿座で行われた「寺山修司の講演と映画の会」で訪れています。映画「書を捨てよ、町へでよう」の上映と、「現代青春論」と題された挑発的で刺激的な講演は、当地の若者たちに強いショックと影響を与えました。

この文学碑は、G.マルケスの『百年の孤独』に材をとった寺山の遺作の映画「さらば箱舟」(1982(昭和57)年)中のセリフを刻んだもので、全国でも例のない自筆 の碑となっています(原版となった色紙は詩歌文学館蔵)。寺山と親交の深かった粟津聖氏のデザインにより、時空を超越したテラヤマ・ワールドが現出されています。(場所:橋本児童公園)

◆北上駅西口からのアクセス情報◆

タクシー 約3分 (料金:約680円)
徒歩 約18分
距離 約1.3km

*上記情報は北上駅西口を起点としております。

*タクシー料金は目安です。交通状況によって変わってきます。(2017年1月末現在)

アクセスマップ