東北日発 株式会社

  • 岩手県北上市和賀町の、東北日発 株式会社 の紹介です。

ものづくり観光パンフレット(2014年版)より~会社概要

  • 各種ばね生産ラインの見学

世界トップのばねメーカーニッパツグループの一員として自動車産業を中心に、あらゆる産業分野に高品質で魅力のある製品づくりを全力で取組んでおります。自動車用サスペンション、金型用ダイスプリング、産業・住宅関連ばね、自動車用シートフレームと、あらゆる分野の製品を生産しております。

【見学対象者】
小学3年生以上 5~30名まで


【見学日時】
要相談


【所要時間】
40分~60分


【見学予約】
1ヶ月前までに電話またはFAXで連絡
(工場見学の際は、安全のため帽子が必要です)


【駐車場】
バス1台/乗用車5台


  • スタッフによる工場見学レポート(2010年6月11日(金)訪問)

会社紹介 

事務所外観 
事務所外観~ロビーの様子。

東北日発は、世界トップのばねメーカー、ニッパツグループの一員として自動車産業を中心に、あらゆる産業分野に高品質で魅力あふれる製品づくりに取り組んでおります。

自動車用ばねの他、農器具用ばね、金型用ダイスプリング、住宅用シャッターばねなど、多品種のばねの他、自動車の座席の枠組みも生産しております。


≪東北日発のカタログ画像より出典≫ ~ばねづくりをばねに、新しい明日を創造します。

発見ポイント

●自動車用のばね製品は、12色カラーで、トヨタ、日産、スバルの純正品を生産しておりました。

●≪巻きばね≫(スポーツサスペンション等)の工程を見せて頂きました。


※イメージ画像です。


棒状の鋼が、電気炉で1000℃まで炎のように赤く熱せられ、、アッという間にコイル状になるサマが圧巻でした!

手際よく油に入れる作業は専門者4名に一任されます。

●アフターマーケット用(改造品)は、外国車も含め全車種のバネを 、生産>>>梱包>>>出荷 しており ≪RS-R≫ というロゴ入りで、車用品販売店へ出荷されます。新車発表に合わせて、次々と生産されていきます。

●≪線ばね≫ の工程を見せて頂きました。
こちらは、鋼を溶かさず、冷たいまま 2ミリ~12ミリのバネが自動マシンで生産されておりました。

●トヨタ生産方式採用により、関東自動車工業岩手工場から、2時間おきにカンバンが振り出されます。倉庫の在庫は、6時間分とのことで、生産計画の大変さ、苦労がよくわかりました。

●トラック2台で、1日10便、関東自動車工業岩手工場と往復しているそうです。

●5S活動の推進により、工場内の整理整頓・清掃はもちろん、ロビーもとてもキレイ にショールーム化されていました。

展示コーナー1

展示コーナー2

展示コーナー3

質疑応答 

●Q1: 今まで地域イベントに参加されたことはございますか? 

藤根地区のお祭りや、北上芸能まつりに参加しております。

●Q2: この会社の魅力、スゴイ所をズバリ! 

ロボットが多いので、このような製造現場を初めて見学される方には新鮮な驚きがあるようです。

●Q3: この会社に就職した場合の待遇、メリットを教えて下さい。 

昼食の仕出し弁当が、定価の半分以下で注文できることです。
社員の8割方が利用しております。その他、福利厚生面も充実しておりますし、野球部が社会人野球大会で1位になるなど、活躍の場があります。

●Q4: 2010年の新卒の雇用は何人ですか? 

残念ながら、おりませんでした。
秋から自動車の生産数増加に伴う契約社員の雇用増が始まっておりますので、来年の新卒枠も狭くなる予定です。

●Q5: (来年の新卒者に向けて)学生のうちにしておいた方がいい事はなんですか? 

作業現場の環境は、椅子がなく立ち仕事の上、暑いため、体力面を重視します。部活などで鍛練しているかが面接のポイントになります。

●Q6: 匠 or マイスターと呼ばれる方はおりますか?

階層教育のカリキュラムが組まれていますので、各現場に2~3人おります。


過去の生産で最大のものは、ナント!≪潜水艦のばね≫ だそうです。
何十トン??なのか、想像もつかない大きさです。

今後も更なる探求心を ばねづくり を通じて社会に貢献して頂ける会社です。

●工場見学についてのお問い合わせは、下記へどうぞ。

会社名東北日発 株式会社
部署総務課
郵便番号024-0334
住所岩手県北上市和賀町藤根18-25-2
電話番号0197-73-5221

FAX番号

0197-73-7143

HPアドレス

東北日発 株式会社

http://www.tnkspg.co.jp/

●技を知るマップはこちら>>>

●技を知るワンポイントレッスンはこちら>>> 

アクセスマップ