木造女神立像 (県指定有形文化財)

  • 木造女神立像(もくぞうじょしんりゅうぞう)は、1977年(昭和52年)に県指定有形文化財に指定されました。
   
彫刻
1977年 4月 26日
1 体
北上市口内町金峯山44
万蔵寺 (ばんぞうじ)
像高 52.0cm。 木造、桂材、一木造(いちぼくづくり) 被衣(かずき、かつぎ)を頭からかぶり、左手で被衣の垂部を握る。 胸元で、ゆるやかに衿をあわせ、帯様のひもを前で結び、2本のひもを前に垂らす。 全面風化しているが、平安貴族女の立姿風である。 平安時代の制作で、男神像とともに、万蔵寺の伝世像であり、立姿の女神像は珍しく、貴重な作品である。
 

 

アクセスマップ