木造十一観音立像 (県指定有形文化財)

  • 木造十一観音立像(もくぞうじゅういちかんのんりゅうぞう)は、1977年(昭和52年)に県指定有形文化財に指定されました。
   
彫刻
1977年 4月 26日
2 体
北上市口内町金峯山44
万蔵寺 (ばんぞうじ)
【右】 像高 173.0cm。 木造、カヤ材、一木造(いちぼくづくり) 両腕欠失、頭上周囲の十仏は失われ、差し込みの穴のみ残っている。 作者は不詳だが、地方作とみられる。 平安時代(およそ10世紀末頃と推定される)の制作である。 【左】 像高 180.0cm。 木造、カヤ材、一木造(いちぼくづくり) 左腕欠失、頂仏及び十面菩薩は、差し込みでなく、一木のうちに刻まれたものであるが、面の彫りがなく、未完成品と思われる。 作者は不詳であるが、地方作とみられる。 平安時代(11世紀)の制作である。 両像とも、県内の地方作の古仏編年を知る上で貴重である。
 
  • 仏像について(きたぶら)
  •  

    ≪十一面の特徴≫

    前3面

    菩薩面(ぼさつめん)

    おだやかな顔。慈悲表わします。

    左3面

    瞋怒面(しんぬめん) 忿怒面(ふんぬめん)

    悪人を戒めます。

    右3面

    狗牙上出面(くげじょうしゅつめん)

    優しい顔で、人々を励まします。

    後1面

    大笑面(だいしょうめん)

    大笑いして、悪行を笑い飛ばします。

    頂上

    仏面

    仏道に入った人に教え説きます。

    アクセスマップ