木目込み人形

  • 「北上人形ナス民芸」の那須清一さんが開いている木目込み人形教室!

 先生の「那須清一」さんは北上市の民俗芸能『鬼剣舞』をモチーフにした人形やループタイなどを作っている方です。


教室は北上市合同庁舎裏手の公園にある第7区会館で、毎週木曜日の午前9時から午後3時まで行われています。

途中、自由に出入り出来るので自分の都合に合わせて習う事が出来ます。

生徒さんの中には20年近く通っている人もおり、自宅には個展が開けるほどの作品があるそうです。

 


木目込み人形とは?

桐粉を固めて作ったボディの溝に糊を入れて、布地を溝に入れ込んでいくこと。
色あせてきたら、布地を新しいものに変えることも出来ます。

<制作手順>



1.ボディに頭、手、足が入るように彫刻刀で穴を開けます。

2.紙やすりで、でこぼこしたボディ全体を磨きます。

3.米粉、桐粉を使って補正粉を作り、欠けた部分や、汚い溝などを補正します。

4.全体を補正したら、もう一度、紙やすりで全体を磨きます。

5.溝に糊を入れて生地を入れていきます。

6.溝に生地がきちんと入ってるかを確認します。

7.頭、手、足をボンドで固定します。

8.全体を整えて出来上がりです。


一番難しい所は肩まわりと袖口の所で、布の貼り方次第で模様が出なかったり、足りなくなったりするので、神経を使うそうです。



来年はウサギ年なので、今から製作する人もいました。


手先の器用、不器用に拘わらず作るのが大好き!と言う方、是非一度見学してみてはいかがでしょうか?

店名 北上人形ナス民芸 ふりがな きたかみにんぎょうなすみんげい
住所

(024-0056)

岩手県北上市荒高68-3

TEL / FAX 0197-67-2534
営業時間

9:00~15:00

定休日 土・日・祝日
駐車場 あり