高村 光太郎

  • 高くちかく清く親しく

高村 光太郎(1883~1956) 東京生まれ

詩人として、また彫刻家として知られる高村光太郎は、1945(昭和20)年4月、空襲で東京の自宅とアトリエを焼失し、宮沢賢治の縁で花巻に疎開しました。 敗戦後は1952(昭和27)年まで、雪深い花巻郊外(当時太田村山口)の粗末な山小屋に身を置き、過酷な自然の中で、多くの戦争詩を作った自らと激しく向かい合う、独居自炊の生活を送りました。そこから生み出された作品は、詩集『典型』(1950年)に収められています。

詩「ブランデンブルグ」は、1947(昭和22)年11月の作で、雑誌「展望」の翌年1月号に発表され、『典型』に収められました。1950(昭和25)年3月には、黒沢尻の文化ホールで講演会が開かれ、自らこの詩を朗読しています。

「ブランデンブルグ」はバッハの「ブランデンブルク協奏曲」のことで、花巻で行われたレコードコンサートでこの曲を聴いたことが、当時の日記などに記されています。 その時の感銘が深く、光太郎は山中でこの曲の幻聴を聴いたと、後に語っています。

碑文はこの詩の一部を刻んだもので、筆跡は自筆の原稿から採られています。

(場所:飛勢城址 1991(平成3)年建立)

◆この文学碑の場所...飛勢城址奥の展望台(きたかみ景観資産の一つ)下方にあります。

飛勢城址展望台

高村光太郎詩碑

◆北上駅西口からのアクセス情報◆

タクシー約12分 (料金:約2,360円)
徒歩
距離約7.1km

*上記情報は北上駅西口を起点としております。

*タクシー料金は目安です。交通状況によって変わってきます。(2017年1月末現在)

アクセスマップ