【おすすめ観光コース】展勝地と芸術コース

  • 北上を愛した偉人の思いを肌で感じられるコースです。

北上駅

車約12分

1.北上展勝地

北上河畔にソメイヨシノの若木を植え、大正10年(1921)和賀展勝地を開園し、昭和29年(1954)北上市の市制施行によって和賀展勝地は北上市立公園展勝地と呼ばれるようになりました。約1万本の桜と10万株のつつじがあると言われています。

詳しくはこちら


同敷地内

 2.展勝地レストハウス

米蔵をモチーフに建てられたレストハウスは北上川に面し美しい景色を眺めることができます。
手打ちそばや旬の料理などが味わえ、工芸品、食品など北上周辺のお土産も豊富です。
郷土のお土産や職を楽しむことができます。

【営業・定休日】
10:00~17:00(さくらまつり期間中21:00迄)
定休日/月曜日(さくらまつり期間中は無休) 

詳しくはこちら(展勝地レストハウス公式サイト)


車約3分 約0.4km

 3.みちのく民俗村

東北有数の屋外博物館。竪穴式住居から武家屋敷、商家、南部曲り家など、丘陵全体が歴史的建造物の展示場になっています。 国史跡の「旧南部・伊達領境塚」も必見です。

詳しくはこちら

みちのく民俗村Webサイト


同敷地内

 4.北上市立博物館

北上の歴史についてより深く学べるよう平成28年9月にリニューアルしました。

平泉に先立つ仏教文化の中心地であった国指定史跡国見山廃寺跡の魅力を伝えるほか、樺山遺跡、八天遺跡、江釣子古墳群からの出土品、中世の領主・和賀一族ゆかりの品、南部と伊達の藩境の暮らしや北上川舟運の関連資料などを展示しています。国指定重要文化財の銅龍頭や銅錫杖頭も必見です。

詳しくはこちら 


車約4分 約0.4㎞

 5.サトウハチロー記念館

サトウハチロー氏未亡人がなくなり、それまで東京・文京区にあった記念館の館長職を継承することになった佐藤四郎さん(ハチロー氏次男)は、資料の保存、散逸防止のための恒久的な倉庫を建設するため、弘前市(祖父紅緑の出身地)、仙台市(祖母の出身地)、北上市(妻の出身地)などいくつか候補地を検討しました。その結果、北上市への移転が実現しました。

詳しくはこちら


車約5分 約0.85㎞

 6.北上市立利根山光人記念美術館

利根山氏は、昭和47年岩手県芸術祭の審査員として来県しました。その帰途、民俗芸能の里北上を訪ね、鬼剣舞や鹿踊などを見て、その造形的美しさに衝撃を受け、政策上のライフワークの一つと決めました。風光明媚な展勝地の一郭にアトリエを建て、昭和50年から平成6年に72歳で亡くなるまでの20数年間、ここで制作を続けました。

詳しくはこちら