2020年度日本現代詩歌文学館常設展 『われ、敗れたり』

2020年4月6日 冬のイベント

東京オリンピック・パラリンピック開催記念の常設展です。

オリンピック・パラリンピックに参加する、人類の限界に挑むアスリートたち。勝者は1人、あるいはごく少数であり、その陰には夥しい数の敗者がいます。

人類最大の祭典に参加する選ばれし者たちに敬意を表し、勝利者たちの栄誉をともにたたえ、そしてそのうえで無数の敗者の声に耳を傾けます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和2年4月22日~5月6日までの期間、休館となります

展示等を楽しみにされていた皆様には申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

【会期】

令和2年3月17日(火)~令和3年3月7日(日)

【場所】

日本現代詩歌文学館(北上市本石町2-5-60)

【開館時間】

9:00~17:00

12月~3月の月曜日、年末年始(12月28日~1月4日)休館

【入場料】

無料

 

われ、敗れたり -敗北と失敗、あるいは挫折と復活の詩歌-

2020年、いよいよ東京オリンピック・パラリンピックの年がやってきました。当代一流のアスリートが日本に集い、スポーツ界世界最高の栄誉をかけて力と技を競い合います。己を磨き、辛苦に耐え、自らの、さらには人類の限界に挑む選ばれし者たちのパフォーマンスに、世界中が酔いしれる平和の祭典。

「勝つことではなく、参加することに意義がある」(クーベルタン伯爵)の精神に基づき、勝者にも敗者にも、きっと惜しみない拍手が贈られることでしょう。しかしその一方で――勝者は一人、あるいはごく少数であるのに対し、敗者は常に夥しく、無数です。もとより舞台に上がることの叶わない圧倒的多数の存在があります。勝者に当たるスポットライトが余りにも強く眩しいとき、深く濃いその影に飲み込まれてしまう“それ以外”の者たち・・・

人類最大の祭典が日本で開催される今年、選ばれし者たちに敬意を表し、勝利者たちの栄誉をともに称え、そしてそのうえで、あえて無数の敗者の声に耳を傾けてみたいと思います。それこそが私たち自身の声でもあり、私たちの現在と未来を照らし出す光になるのかも知れないのですから。

お問合せ

日本現代詩歌文学館

〒024-8503 岩手県北上市本石町2-5-60

電話番号 0197-65-1728 / fax 0197-64-3621

メール shiika@shiikabun.jp

開催日・日程

2020/03/17(火) 〜 2021/03/07(日) 9:00~17:00

イベント概要

人類最大の祭典が日本で開催される今年、選ばれし者たちに敬意を表し、勝利者たちの栄誉をともに称え、そしてそのうえで、あえて無数の敗者の声に耳を傾けてみたいと思います。

アクセスマップ

日本現代詩歌文学館