このイベントは終了しました

北上市立博物館企画展『刀と刀装具の魅力』

2020年3月27日 春のイベント

4回目となる春の刀剣展。
北上の古美術収集家 故 會田喜一氏のコレクションから、今年は刀装具が初お目見え!
美麗にして緻密な超絶技巧の世界をご堪能ください。

もちろん、おなじみの長曾根虎徹や新藤国義の刀も展示します。現代刀匠の作品も合わせてご覧ください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和2年4月22日~5月6日までの期間、休館となります
また、開催を予定しておりました刀剣入門講座も中止となります。

 
今後の感染拡大状況によっては休館期間を延長することもありますので、5月7日以降にご来館をお考えの皆様におかれましては、事前に開館状況をお問合せくださるようお願い申し上げます。
当館の展示等を楽しみにしてくださっているお客様には大変申し訳ございませんが、趣旨をご理解いただきご協力賜りますようお願いいたします。
 
※ 現在開催中の企画展「會田コレクション 刀と刀装具の魅力」は、当初5月10日までとしておりましたが、延長を考えております。後日、北上市立博物館ホームページにて企画展情報を更新いたしますのでお待ちください。

【 会 期 】
令和2年4月11日(土)~5月10日(日)

【 場 所 】
北上市立博物館本館(北上市立花14-56)

【 開館時間 】
午前9時から午後5時まで(最終入館は午後4時30分)
会期中の休館日はありません。

【 入館料 】
一般:500円 高校生:240円 小中学生:170円
☆ 4月15日~5月6日までの期間は、入館料が無料となります。

曾田コレクションとは…

2005年(平成17年)、北上市内で呉服屋を営んでいた會田喜一(あいだきいち)氏のご家族より寄贈された、氏の収集した古美術品などの総称。絵画や陶磁器など多岐にわたって古美術を集めていましたが、北上市立博物館にはそのうち284点が寄贈されました。寄贈された品のうち、刀剣は14点、刀装具類は39点と、氏のコレクションの実に2割近くを占めるものとなっています。
2016年(平成28年)に博物館をリニューアルして展示環境が改善されたため翌春からこのコレクションを利用した企画展を開催しています。毎年桜の時期に刀剣類を、初夏の時期に陶磁器類を展示していますが、今までは刀剣のみの展示でした。今回はいつもの刀剣類に加え、初めて鐔や目貫、柄頭などといった刀装具類を展示します。

関連イベント 刀剣入門講座

会期中、刀剣文化についてより理解を深めていただくために各種講座を開催するつもりでしたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止となりました。(2020年3月25日決定)

予定していた講座は、以下の通りです。

【第一回目】 4月12日(日曜日) 刀剣研磨実演とギャラリートーク

【第二回目】 4月19日(日曜日) 真剣居合演武と茶話会「女性が語る刀剣の魅力」

【第三回目】 4月29日(水曜日、祝日) 刀剣講話とギャラリートーク

この3つは中止です。

【第四回目】 5月5日(火曜日、祝日) こどもの日スペシャル 「刀剣型ペーパーナイフを作ってみよう」

この講座は屋外で行います。事前申し込みが必要で、参加費は子どもおひとり300円です。

(3月25日時点では開催できるよう各方面と協議を進めています)

開催の有無や参加申込み等については、北上市立博物館公式ページをご確認ください。

お問合せ

北上市立博物館本館
〒024-0043 岩手県北上市立花14-56
電話:0197-64-1756 / FAX:0197-64-1860

開催日・日程

2020/04/11(土) 〜 2020/05/10(日) 9:00~17:00(最終入館16:30)

イベント概要

令和2年度企画展。
北上の古美術収集家 故 會田喜一氏のコレクションから、今年は刀装具が初お目見え!

アクセスマップ

北上市立博物館本館