北上市立博物館特別展「北上川舟運と海」

2019年9月3日 秋のイベント

ーつなぐ、広がる、時代を超えてー

東北一の大河・北上川は、江戸時代から明治時代の半ばにかけて、米を主とする物資輸送の大動脈でした。本展では、北上市及び県内流域を中心に、それぞれの特徴や流域間のつながり、各地に広がっていくモノの動きなどに注目して、北上川舟運と海の歴史を紹介します。
【 開催期間 】
 2019年9月21日(土)~12月8日(日)

【 場所 】
 北上市立博物館本館(北上市立花14-59)

【 期間中の休館日 】
 2019年12月2日(月)

関連事業

各事業とも参加無料ですが、申込みが必要です。
(北上市立博物館 TEL:0197-64-1756)

 

【 講座 】
「雑書」にみる盛岡藩の自然環境とその利用 ー海の恵み、川辺のにぎわいー
講師:兼平賢治氏(東海大学文学部准教授/北上市史近世部会長)
日時:2019年10月13日(日) 13時30分~
場所:北上市立博物館本館
内容:江戸時代における盛岡藩の自然環境をふまえ、新興商人を多く輩出した沿岸部の様相や、くらしと深く結びついていた当時の河川利用について考察します。

 

【 フォーラム 】
「北上川舟運を語る」
パネラー:熊谷博史氏(もりおか歴史文化館学芸員)
岩館岳氏(紫波町教育委員会生涯学習課主任)
小田桐睦弥氏(花巻市博物館学芸員)
野坂晃平氏(えさし郷土文化館課長補佐)
相馬美貴子氏(一関市博物館副館長)
コーディネーター:渋谷洋裕氏(北上市立はくぶつかん館長補佐)
日時:2019年10月19日(土) 14時~
場所:北上市立博物館本館
内容:岩手県内の北上川流域における教育施設等で活躍する学芸職員が集まり、様々な視点から北上川舟運の様相を語り、探っていきます。

お問合せ

北上市立博物館
岩手県北上市立花14-59
電話:0197-64-1756

開催日・日程

2019/09/21(土) 〜 2019/12/08(日) 9:00~17:00(最終入館16:30)

アクセスマップ

北上市立博物館本館