鹿踊

  • 本来、鹿踊は鹿の供養のために始められたとされ、念仏踊として伝承されてきましたが、祈祷の目的が多岐にわたり、また芸風にも創作の手が加えられて、住民の娯楽の芸能に変化していきました。


(行山流口内鹿踊)

 岩手県内の鹿踊は、太鼓系鹿踊と幕踊系鹿踊の二種類が伝承されています。この二種類の鹿踊は、南部領と伊達領の藩境によって伝承地が区分され、太鼓系鹿踊は伊達領内、幕踊系鹿踊は南部領内に伝承されています。しかし、藩境を越えて伝わったものもあり、特に太鼓系鹿踊は藩境に近い南部領内に数多く伝承されています。


・パンフレット「いわて民俗芸能入門」のダウンロードはこちらから

http://www.kitakami.org/maturi/minzokugeinou/geino_nyumon.pdf